工法の紹介

 

MRXX工法

MRXX工法

 

MRXX工法の概要

  • 1.先端支持力が大きくとれます

    先端に特殊金具を取り付けたST杭を、高強度な拡大根固め球根に定着させることによって先端支持力を大きくとることができます。
  • 2.様々な地盤に対応可能

    土質に応じて掘削拡大ビットおよび掘削攪拌シャフトを変えることにより、多くの地盤で施工可能。
  • 3.周辺環境への影響が少ない

    低振動、低騒音工法であり、周辺への影響が少なくてすみます。
  • 4.水平抵抗力が大きくとれます

    拡頭杭を使用する(TYPE II)ことによって水平抵抗力を大きくとることができます。
  • 5.拡大掘削の確実性

    油圧機構による拡大ビットを採用しているため、油流量による確実な拡大掘削管理を可能にしました。
    ※掘削拡大ビットはA型・B型の2種類があります。
  • 6.確実な施工管理を実現

    施工管理装置を用いることによって確実な拡大根固め球根の掘削管理を実現しました。

 

MRXX工法の特徴

油圧拡大ビット 閉翼時

油圧拡大ビット 開翼時

施工管理装置
操作BOX

施工管理装置
根固め管理画面

拡大根固め球根を油圧式拡大翼を持つ掘削ビットにより大きく確実に築造します。
また、杭先端に特殊金具を取り付けたST杭を拡大根固め球根に定着させる事により高い支持力を発生させる工法です。
専用の施工管理装置を用いて管理し、積分電流値や拡大根固め球根の施工状況をリアルタイムでビジュアル的に見ることができます。

 

工法カタログPDF

認定書 砂 PDF

認定書 粘性土 PDF

認定書 礫 PDF